医療・福祉・住宅の複合施設・テニススクールの運営

ロゴ

お知らせ

ホーム > 2010 > 9月

GAテニスクラブホームページをご覧の皆様へ

石塚コーチのワンポイントアドバイス vol.4

【ストリングの話】

ラケットに張られたストリングスは、時間の経過と共にその性能、反発力は、だんだんと低下していきます。

それを補おうとして、自分が意図しない不必要な力が入ってしまったり、また、ボールが飛びすぎるからと、力を抜いてヒットしたりというようなことはフォームの乱れを生じさせることがあります。

ボールを飛ばそうとして無理な力を入れれば、体の故障の原因にもなりかねません。

現に、ストリングスを張り替えたら、手首やひじの痛みが治まってきたという話は、良く耳にしていることと思います。

適正なストリングス テンションでプレーするということは、体のためにも大切なことであり、また、ボールをコントロールするためにいろいろ考えてしまう力加減を軽減してくれます。

半年に一度とか、少なくても一年に一度の張り替えは体の痛みを治すことよりも簡単にできるし、またボールコントロールするストレスから解放してくれます。

ストリングスを張り替えるときは、材質、太さなどにも注意を払ってください。それらによってもショットしたときに違いがあります。    つづく・・・

お問い合わせcontact

ご相談・ご質問などお気軽にお寄せください

グリーンアカデミーテニスクラブ
グリーンアカデミースポーツクラブ
〒960-8071
福島県福島市東中央三丁目17-2
TEL&FAX 024-535-7111

024-535-71119:00~21:30(日祝20:00)年中無休

メールでのお問い合わせ24時間受付 年中無休

コートのご予約はこちら